地震の予測情報を集める|命を守るために大切なこと

災害対策に役立ちます

グラフ

地下の異常を察知できます

重なり合ったプレートの上にある日本で生活するうえで地震対策は必須です。地震対策で大切なことはインフラが利用できなくなった場合でも、最低限の生活が可能となるように必要な物資を準備しておくことです。そこで普段から用意しておきたいのが3日間の食料と水です。国や自治体による災害救助が本格化するまでには3日程度の期間が必要となるので、その間は自分自身で急場をしのぐことができるようあらかじめ用意しておきましょう。大規模な地震がいつ発生するかを正確に予想するのは困難です。しかし最近ではプレートの位置や断層の分析によって大まかにではありますが、近い将来に発生する可能性が高い地域は特定できるようになっています。地震が発生する前には断層部分から電磁波などが放出されることが分かっており、この情報を活用すればある程度の予想が成り立つのです。異常な電磁波の発生は地震予想アプリで知ることができます。地震予想アプリは活断層から発生する異常な電磁波を知らせてくれるアプリで、ダウンロードしておけば指定地域の異常をいち早く通報してくれます。このアプリは正確な地震発生を予知するものではありませんが、地下で起きている変動を知らせてくれるので事前の対策に有効に活用できます。地震対策で最も大切なのは日ごろから危機感を高めておくことです。地下深くで起きている変動を一般人が知るのは困難ですが、この地震予想アプリをスマホにダウンロードしておけば異常を検知するたびに知らせてくれるので、事前に災害に対する心構えを作ることができます。