地震の予測情報を集める|命を守るために大切なこと

災害は予測できる

男の人

サービスを利用する

日本は世界的に見ても地震の多い国ですが、一方で地震に対する予測技術も世界の中ではもっとも進んでいます。このため地震予報と呼ばれるサービスも提供されています。地震予報のサービスは、さまざまで研究段階で無料で提供されているものもあれば、有料で提供されているものもあります。また東海地震においては、その兆候が見られる場合には国による予報も発表される仕組みが整っています。また緊急地震速報システムに見られるように発生した場合には即座にその情報が伝達されるシステムも実用化されています。地震予報を使うポイントとしては、起こることを前提に利用することです。例えば事前に機械を停止させることができれば揺れによる被害を最小限にすることができます。これらを実行するためには事前に準備しておくことが重要で、またそれらの仕事に従事する従業員への教育もしておくことが必要です。地震予報そのものは、比較的簡単に誰でもその情報を得ることができますが、実際に大きなものがいつ何時起こるかを精確にするのは、現状のシステムではまだ研究段階にあります。しかし、断層の調査や地殻の歪の調査によってどの場所で地震が起こる可能性が高いかを知ることは可能になっています。このため予報と合わせて、地域において大きなものが起こる可能性が高いところを調べておいたり、また断層の有無なども調べておくことで、対策も変わってきます。このため予報を使って地震に強い体制を作るには、事前の調査も必要になります。