地震の予測情報を集める|命を守るために大切なこと

災害は予測できる

男の人

地震予報は、地震の発生を予測することです。日本は非常に地震の多い地域ですが、同時に予測に対する技術も進んでおり、また国土のそのほとんどで原因となる断層や地質などを知ることが可能です。このため事前に対策することが可能で、予報を上手く使うことで被害を最小限にすることができます。

災害対策に役立ちます

グラフ

地震予想は現時点においてはとても難しいです。しかし活断層に生じる電磁波などを分析すれば、ある程度の確率で予想することも可能となってきています。活断層に発生する異常は地震予想アプリで知ることができます。このアプリをダウンロードすれば地震発生前に心構えができるので、災害対策に役立ちます。

安全に避難するために

一軒家

揺れを予知する緊急地震速報などをうまく使えば、避難経路の確保や、身の回りの安全、状況の把握や地震後のことを考えることができるので地震が来た時の生存率をかなり上げることができます。他の人を助けることもできます。

科学的根拠のある知識です

地震

有料サービスで登録する

日本書紀にも記録が残されている地震という災害は、古来から多くあり俗説に大鯰が暴れたために起こると信じられていたのです。地震大国と呼称されることもある日本では、実際に多発しており現代では科学的根拠を基にした知識が増えています。現代の知識では火山によって発生する場合と、プレートの移動によることが知られるようになってきているのです。この知識を使い地震の予測をし、その情報を発信して多くの生命を守るために働いているのが気象庁です。地震が起こることを発生する以前あるいは直後の情報を、知ることで生存率は格段に違ってきます。では情報を発信する気象庁とは、どんな組織であるのかという疑問が発生するのです。気象庁とは国土交通省に与される政府の機関の一つであり、気象に関する研究や情報の発信が仕事になります。また地震が予測された場合や、発生後の情報を発信するだけでなくその後に起きるあらゆる災害も予測して非難を呼びかけることもあるのです。しかし現代の知識を持ってしても地震の早期予測というのは、難しい問題でもあります。日本人の多くは地震という事象自体には、慣れているのでその対処方法には驚愕するものがあるのです。日常で発生しやすい微震といった程度には、あまり動じずにその場に相応しい対応をしています。しかし実際にはいつ大地震が発生しないとは限らないので、事前に予測される情報を知ることで確りとした危機管理につながるのです。有料のサービスに登録しておくことで、直近の一週間分の予測される地震の規模や地域が知ることができます。地震大国日本なので備えておけば、安心できます。